中岡慎太郎脱藩の道への疑問

中岡慎太郎脱藩の道を歩きたいから始まった追求が、袋小路に入ってしまった。

確実なのは、
文久三年(1863)九月五日に家を出たこと。
そして九月十九日に三田尻に着いた。
九月二十一日に三田尻を出る。
十月十九日三田尻着。

どうも当初何の疑いもなくルートだけを調べていた野根山街道を九月五日は使っていないのでは?東ではなく西へ向かった。つまり高知。
十日に高知にいたという文書があるという。(利岡文書)
この時は船で高知を出ているのでは。船に乗せて大坂へ行ったという話はあるらしい。
十月に高知に入ったようだけれど、この時こそ野根山街道を使って三田尻へ向かったと考えられる。野根山街道を一度は通っているはずなのでこの時しかない。

行動確認の難しさ、刑事ドラマ並。

行行筆記 二  八月(慶応三年 1867)

八  月 朔 日 晴。森脇下へ出る。 二 日 晴。福岡、小林等を訪ひ帰る。樋...

» 続きを読む

行行筆記 二  七月(慶応三年 1867)

七  月 朔 日 晴。才谷と十津(十津川邸)に至る、○此日後藤薩邸に行く。 ...

» 続きを読む

行行筆記 二  六月(慶応三年 1867)

六  月 朔 日 雨。岩村(通俊)田中(顕助)樋口(真吉)西山(平馬)来訪○未...

» 続きを読む

«行行筆記 二  五月(慶応三年 1867)